こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

フィリップ・ジョルダン&パリ国立オペラ座管による“展覧会の絵”と“古典交響曲”!

カテゴリ : ニューリリース 

掲載: 2017年03月03日 00:00

フィリップ・ジョルダン

2009年からパリ国立オペラ座の音楽監督を務めるフィリップ・ジョルダンは、定期的に歌劇の上演を行い、またコンサートを指揮するだけでなく、ピアニストとして室内楽を演奏、またウィーン交響楽団の首席指揮者も務めるなど、極めて充実した音楽活動を行っています。
この2016年5月、6月の録音は、フランスの音楽Website「ResMusica」でも「ジョルダンはスコアを正確に解釈し、オーケストラの性能を極限まで引き出すことに成功。ムスルグスキーの終曲では聴衆も熱狂!」と大絶賛された演奏です
[フィリップ・ジョルダン]
フィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan, 1974年10月18日 - )は、スイスの指揮者。チューリヒの生まれ。父は指揮者のアルミン・ジョルダン。チューリヒの学校で学び、その後各地の歌劇場で経験を積む。ベルリン州立歌劇場のダニエル・バレンボイムの下でアシスタントや首席客演指揮者を務め、アメリカやヨーロッパの歌劇場や音楽祭に客演。2009年より、ジェラール・モルティエ総裁の下で、空席となっていたパリ国立オペラの音楽監督。2014年からウィーン交響楽団首席指揮者。2017年11月、ウィーン交響楽団を率いての来日公演が予定されている。「100語でたのしむオペラ」 (文庫クセジュ)は、クラシック・ファンに注目されています。
(ワーナーミュージック)
※輸入盤は通常CD仕様。日本国内盤のみSACDハイブリッド仕様になります。

【収録予定曲】
1) モデスト・ムソルグスキー(ラヴェル編):
組曲「展覧会の絵」
2) セルゲイ・プロコフィエフ:
交響曲第1番ニ長調作品25「古典交響曲」
【演奏】
フィリップ・ジョルダン(指揮)
パリ国立オペラ座管弦楽団
【録音】
1) 2016年5月20,23 & 24日、パリ、オペラ・バスティーユ、メインステージ
(デジタル:セッション)
2) 2016年6月17日、パリ、オペラ・バスティーユ、サル・リベルマン
(デジタル:セッション)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.