海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

アルトゥール・シュナーベルが1942年にRCAに残した貴重なセッション録音(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース 

掲載: 2017年03月08日 00:00

シュナーベル

アルトゥール・シュナーベル(1882-1951)は、20世紀前半に活躍した最大のピアニストであり、SP時代にベートーヴェンのピアノ協奏曲とソナタ全曲の録音を世界で初めて成し遂げたピアニストとして、ベートーヴェン演奏史に巨大な足跡を残しています。19世紀ロマンティシズムの流れの中、リストと並び賞される名教師レシュテツキー門下に出現した、異端児にして知的なシュナーベルは、ベートーヴェンに魅入られ、後半生をその作品解釈と演奏に捧げました。楽譜の校訂者としても有名であり、シュナーベル最盛期の姿を伝えるベートーヴェン作品の録音・演奏は、当時としては過剰な感傷や独善的な解釈を排した革命的な演奏でした。
当2枚組は、シュナーベルが1939年に渡米してからの録音で、1942年の6月と7月に米RCAのために行なわれたセッションで収録されました。ベートーヴェンの協奏曲2曲は2度目の録音で、フレデリック・ストック指揮シカゴ交響楽団との共演。ピアノ・ソナタ2曲はなぜかSP時代には発売されず、1976年になって初めてLPで発売された音源です(これまで日本盤でのみCD化されていました)。当時60歳のシュナーベルは意気軒昂、わずかに技術の衰えはみられるものの、自由で気高い表現、繊細さと力強さを併せ持った、ベートーヴェンに関わってきたシュナーベルならではの名演です。
またソナタと同時に録音されていたシューベルトの即興曲D.899はこれまで未発売だった音源で、有名な1950年のEMI録音よりも若い時期の録音ということで、シュナーベルのディスコグラフィにおける重要な追加となります。
いずれもソニー・クラシカルが保管するオリジナル・マスター(メタル原盤およびアナログ・マスター)からの新リマスターとなります。
ブックレットにはジェッド・ディストラーによる新規解説が掲載されています。
(ソニーミュージック)

【曲目】
1) ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58
フレデリック・ストック(指揮)シカゴ交響楽団
[録音]1942年7月24日、シカゴ、オーケストラ・ホール
2) ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op.73「皇帝」
フレデリック・ストック(指揮)シカゴ交響楽団
[録音]1942年7月22日、シカゴ、オーケストラ・ホール
3) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調Op.109
[録音]1942年6月18&23日、ニューヨーク、RCAビクター第2スタジオ
4) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調Op.111
[録音]1942年6月16&17日、ニューヨーク、RCAビクター第2スタジオ
5) シューベルト:4つの即興曲 D.899
[録音]1942年6月18&23日、ニューヨーク、RCAビクター第2スタジオ[世界初発売]
【演奏】
アルトゥール・シュナーベル(ピアノ)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.