海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

パーヴォ・ヤルヴィ&シンシナティ響による「バルト周辺の作曲家」の現代管弦楽曲集!

パーヴォ・ヤルヴィと同郷エストニア出身のアルヴォ・ペルト、エリッキ=スヴェン・トゥール、レポ・スメラ、そしてフィンランド出身のアウリス・サッリネン、指揮者としても有名なエサ=ペッカ・サロネンといった北欧の現代音楽作曲家による管弦楽作品を収録したアルバムです
(2017/03/24)

クラシック 現代音楽

サヴァリッシュがピアノ伴奏!F=ディースカウによるシューベルトの歌曲リサイタル(2枚組)

1992年11月に2晩に渡り東京芸術劇場で行われたフィッシャー=ディースカウによるシューベルトの歌曲リサイタル。伴奏はなんとサヴァリッシュ!F=ディースカウにとってこの来日が歌手として最後となりました。“リーダー・アーベント”と“美しき水車小屋の娘”を取り上げています。日本語・英語解説付き
(2017/03/24)

クラシック オペラ

ゲーベル&バイエルン室内フィルによるテレマン:オラトリオ“恵まれし喜び、聖なる信仰”

2017年はテレマン没後250年。この記念の年にムジカ・アンティクァ・ケルンのリーダーであったラインハルト・ゲーベルがテレマンのオラトリオ“恵まれし喜び、聖なる信仰”を録音。ほとんど演奏されない作品に光を当てて演奏しています
(2017/03/24)

クラシック 古楽・バロック

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈3月第4週分〉

2017年3月第4週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2017/03/24)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈3月第4週分〉

2017年3月第4週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2017/03/24)

クラシック

アルメニアの現代作曲家ティグラン・マンスリアンの静謐な“レクイエム”

アルメニアを代表する現代音楽作曲家ティグラン・マンスリアン。この“レクイエム”は1915年から1917年にかけてトルコで起きたアルメニア人虐殺の被害者の記憶に捧げられたもので、アルメニアの伝統の音と感性による美しい響きに満ちた作品です
(2017/03/23)

クラシック 現代音楽

ガードナー&BBC交響楽団によるエルガーの交響曲第1番(SACDハイブリッド)

ベルゲン・フィルの首席指揮者、イングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督として活躍しているイギリスの指揮者エドワード・ガードナー。ガードナーのエルガー・プロジェクト第1弾となる今作は“交響曲第1番”と“序奏とアレグロ”収録!
(2017/03/23)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

エリシュカのドヴォルザーク“スターバト・マーテル”~大フィルたっての希望でライヴ録音!

ヤナーチェクの孫弟子であり、チェコ音楽の伝道師であるエリシュカ。彼が自ら希望した演奏曲目が2015年、大阪フィルとの4度目の共演にしてついに実現。「マエストロとのこの曲の演奏を残したい」と大阪フィル側がアプローチをかけ、ライヴ録音されました。
(2017/03/23)

クラシック オペラ 国内クラシック

ロヴロ・フォン・マタチッチ・コレクション~1954-1962 Recordings(9枚組)

クロアチア出身の巨匠指揮者マタチッチ(1899~1985)が1965年に初来日を果たす前、1954~62年に英EMIやチェコ・スプラフォンにセッション録音した音源と、ベルリンやミラノに客演した際の貴重なライヴ録音を9枚組にまとめた廉価BOXです
(2017/03/23)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

プロセッダ~未出版曲、世界初録音曲を数多く含むメンデルスゾーン:ピアノ独奏曲全集(10枚組)

イタリアのピアニスト、ロベルト・プロセッダが2005年から10年かけて完成した“全集”です。イタリア・デッカのローカル発売でゆっくりと進行していて、一部で注目を集めていたプロジェクトです。初回プレスのみ限定盤で廉価BOX化されました
(2017/03/23)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

LFJにも出演予定!レミ・ジュニエが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ集!

今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにも出演を予定している俊英ピアニスト、レミ・ジュニエ。2013年のエリザベート王妃国際コンクールで第2位を獲得。今作では“月光”を含むベートーヴェンのピアノ・ソナタ4曲を収録しています
(2017/03/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

セミヨン・ビシュコフ&ウィーン・フィルのフランツ・シュミットとR.シュトラウス!

近年再評価が進みつつある作曲家フランツ・シュミット(1874-1939)。彼の代表作の一つである“交響曲第2番”を作曲者自身の他、様々な名匠とともにこの曲を演奏してきたウィーン・フィルが、巨匠セミヨン・ビシュコフと録音。2015年に定期のほかヨーロッパ・ツアーで集中的に取り上げて絶賛を博した時の記録です
(2017/03/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ディナースタインがキューバのオーケストラと共演したモーツァルトのピアノ協奏曲!

アメリカとキューバが国交回復してから初めてのクラシック音楽の共演アルバムとなった今作は、シモーヌ・ディナースタインがキューバのオーケストラ「ハバナ・リセウム・オーケストラ」と演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲2曲。2016年6月にハバナで録音されました
(2017/03/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

名門トリオ・ヴァンダラー、22年振りの録音となる“ドゥムキー”を含むドヴォルザークのピアノ三重奏曲集

2017年で結成30周年を迎えたピアノ三重奏団、トリオ・ヴァンダラー。30周年を記念してのリリースとなるのはドヴォルザークの名曲ピアノ三重奏曲を2曲。2016年1月にテルデックス・スタジオ・ベルリンで録音されました
(2017/03/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデンのブルックナー4番

ティーレマン&SKDによるブルックナー・サイクル最新作は“交響曲第4番”。2015年5月17日にドレスデン・ゼンパーオーパーで行われた演奏会のライヴ録音です。全体73分という遅めのテンポで悠然とした壮麗な音楽が構築されています
(2017/03/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

『レコード芸術』2017年4月号~特選盤

毎月20日発売の月刊誌「レコード芸術」の2017年4月号における"特選盤"を集めました。輸入盤の取扱いの有るものはあわせてご案内しております。
(2017/03/21)

クラシック

管弦楽団「シンフォニア・ヴァルソヴィア」のブラス・メンバーがデビュー!

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭での公演でもお馴染みのオーケストラ、シンフォニア・ヴァルソヴィアからブラス・メンバーによる「シンフォニア・ヴァルソヴィア・ブラス」がデビュー!ラテンの楽曲を中心に、映画音楽、そしてクラシックの名曲“ニムロッド”など熱い楽曲を収録しています
(2017/03/21)

クラシック ブラス

小澤征爾&シカゴ交響楽団『RCA録音全集』(6枚組)

小澤征爾は1964年から69年にかけて、シカゴ交響楽団の夏の本拠地であるラヴィニア音楽祭の音楽監督をつとめました。その時期に残したシカゴ交響楽団との録音アルバムを、オリジナル・カップリング収録したボックスです。Disc1,4,5,6については、オリジナル・アナログ・マスターテープより、24bit/192kHzでリミックスおよびリマスターが行なわれています
(2017/03/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017~LFJ2017の主な出演アーティスト

東京で出演100公演を超えたシンフォニア・ヴァルソヴィアが今年も大活躍するほか、看板ピアニストのベレゾフスキー、ケフェレック、エル=バシャが趣向を凝らした独自演目を披露。ヴァイオリンも竹澤恭子、パパヴラミ、シャルリエなど実力者が登場!
(2017/03/18)

クラシック

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017~LFJ2017の主な演奏曲目

「舞曲」と「リズム」を切り口に、ルネサンスから今日まで600年間のパノラマを展開する今年のLFJ、宮廷舞踊や民俗舞踊を取り入れた傑作から、20世紀以降のジャズやロック、ワールド・ミュージックに触発された作品まで、躍動感あふれる多彩なプログラムが目白押しです
(2017/03/18)

クラシック

  
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.